PC-1200

 PC-1210のことではありません。幻の初代機、PC-1200です。おそらく、世界で初めて(少なくともシャープとしては初めて)商品名としてポケットコンピュータを名乗った製品です。といっても見た目は関数電卓そのもの、実際にもプログラム機能がついている関数電卓でしかありません。プログラム機能がある=コンピュータである、というような理屈で生まれた商品名ではないかと思われます。
 シャープの電卓には初代から続くCS型番のコンペット、EL型番のエルシーメイト、初のMOS LSI電卓からのQT型番(後にラジカセに転用)というシリーズがあるのですが、PC型番はそれらに続く形式のようです。
 でもPC型番はけっこう古く、1973年頃の製品PC-1001が最初のようです。これもプログラム電卓であり、PCというのはProgrammable Calculatorの略として使われたのではないでしょうか。その後PC-1002を経てこのPC-1200に至っているようです。それにしても、型番からすると改良型にしか思えないPC-1210/1211とはあまりにギャップがあります。これについては、私は次のように想像します。

 プログラム関数電卓の販売拡大にからんで、これを従来のエルシーメイトではなく新たなコンセプトで売り出すことを考えました。1977年頃なので、世の中はまさにマイコン時代。コンピュータの真髄がプログラムにあるなら、プログラム機能のある電卓はコンピュータと呼んでも差し支えないのではないか?ならばポケットに入るコンピュータ=ポケットコンピュータと名づけよう。そうして新機種PC-1200の商品名が決まりました。
 いざ発売してみると、結局はプログラム電卓でしかなかったわけで、かなりの苦情が寄せられます。特にコンピュータを扱っている人からは「こんなのはコンピュータとは呼べない」とまで言われました。その声を元にもう一度考えてみると、コンピュータと言うからにはわかりやすい文法を持つプログラミング言語を備えているというイメージがあることがわかりました。そこで、量産なったドットマトリクス液晶と流行しはじめていたBASIC言語をそなえたポケコン、後のPC-1210/1211の開発につながっていったのです。

 …とまぁ勝手な想像でしたが、それにしても、この程度の商品におこがましくも「コンピュータ」と名乗らせた根拠はなんだったんでしょう。当時のプログラム電卓には条件分岐とかサブルーチンコールとかなかったんでしょうかねぇ。
 当時のシャープは関数電卓に「ピタゴラス」のブランドをつけていました。ピタゴラスの定理で有名なギリシャの哲学者・数学者であるピタゴラスにあやかったのと、計算させれば「ビタッ」と合うというのにひっかけたのでしょう。
 PC-1200の表示器は蛍光管で、14桁ありますが左端1桁が符号用、右端3桁が指数用に使われるので実質10桁です。けっこうぜいたくな割り当てといえます。でもこの表示ではプログラムを入力したり表示したりするのは難しそうに思えます。実際、近年のプログラム関数電卓ではドットマトリクス表示を備えて記号や変数を文字で表示するのが普通です。
 実は、命令はボタンの配置の行列で表現されます。ラベルの場所に制御を移すGTOという命令は一番上の段の左から4つめにありますので、表示上は14ということになります。サブルーチンコールのGTSならファンクションボタン併用を意味するF-14です。とりあえず、マニュアルを見なくても入力や確認には困らなくてすみそうです。
 蛍光管なので分厚いのかと思いきや、けっこう薄いです。PC-1360Kとかと比べても薄いです。電源は電池かACアダプタで、電池ならば専用充電池(EA-18B)か単三電池を一番厚くなっているところに入れます。

 実はこれは、ザウルスSL-C700の電卓アプリがあまりにしょぼいので自分で作るべく、参考用にいろいろ探した結果入手したものです。最初は電器店で探そうと思ったものの店頭にはなく(一部の店にはあるんですけど)、Yahoo!オークションで探していたら見つけました。まぁ本当はEL-5050とか16進が使えなきゃやだとか思いつつ探してたんですけど、発見した瞬間そんなのはぶっとんで速攻で入札してしまいました。別件が落ち着いたらこれを再現した電卓アプリの作成に手をつけるつもりです。

 ところで、これはどこかの倉庫に眠っていた在庫品らしく、新品の状態で手元に送られてきました。もちろん箱もマニュアルもありますし、キャリングケースもあります。マニュアルには関数電卓ともポケットコンピュータとも書かず(表紙にはポケットコンピュータとあります)「シャープピタゴラスをお買いあげいただき…」とあるのみですが、別冊マニュアルである「プログラムライブラリー」には堂々とポケットコンピュータの記述があります。それどころか、なんと「ポケットコンピュータ友の会」の結成の案内がはさまっていました。そんなのがあることもすっかり忘れていました(^^ゞ。ちょっと検索してみたところではPC-1600Kの時代にもあったようですから、それなりに続いていたのでしょう。入会申し込み時には自作プログラムが必要ということで、「とりあえず入っとくか」というような友の会ではなかったと思いますが。

 最古のポケコンと、最新のポケコンの揃い踏み。25年でこんなに進化しました。

所蔵品一覧に戻る

ポケコン別館に戻る